ワザリング・ハイツ ~本館~

Something childish, but very natural.

イタロ・カルヴィーノ

イタロ・カルヴィーノ『冬の夜ひとりの旅人が』を読む

カルヴィーノと出逢ったのは大学院の文学理論についての授業であった。ポストモダンをテーマに掲げ、様々な文学理論がポストモダンから逆探知されてゆく授業の後半、具体的なポストモダン作品を読んでいこうと、5、6冊の小説をみなで読んでいった記憶がある…