ワザリング・ハイツ ~本館~

Something childish, but very natural.

エミリー・ディキンソンを読む

f:id:SengChang:20200513163751j:plain

海外文学に親しみのあるひとなら、原文で読まないとよさがわからない、といった話を一度は耳にしたことがあるだろう。ぴんとこないひとも多いにちがいない。文章にはそもそも、母語の話者でなければ感じることのできない微妙なニュアンスなるもの(としか言いようがない)が必ずあるので、それを精確に別の言語へ移しかえることなど到底不可能だということになる。その一例を、エミリー・ディキンソンの詩を読みながら見てみたい。

まずは日本語訳(拙訳)を見てみよう。

私は指で宝石を摑み―
眠りに落ちた―
その日は暖かで、風はやわらかく―
「宝石が失くなることはない」と私は言った―

近年の研究により、詩人がなくしてしまった「宝石」とは“詩”のことである、という解釈がディキンソン研究者の間で定着したようである。それはなぜか。要となるのは「風もやわらかく」の部分である。原文を見てみよう。

I held a Jewel in my fingers—
And went to sleep—
The day was warm, and winds were prosy—
I said “’Twill keep”—

イタリックにした“prosy”とは当然「散文の」という意味で、詩とは対照的なものである。散文的な穏やかさが詩のアイディアを奪っていってしまった。この詩はその切なさを詠っている。ほかの詩でもディキンソンは"詩"を宝石の比喩であらわしており、これは一貫した彼女のメタファーであるということになる。

問題は、これをどう日本語に訳すか、という点であろう。英語の“prosy”にはふたつの意味があり、だからといって「風は散文的で」などと訳しては日本語としてあまりにも情けない。だからといって「風はやわらかく」とすれば、宝石が詩であることを読みとれなくなってしまう。いやはや頭が痛い問題である。

海外文学には原文と翻訳それぞれの楽しみ方というのがあって、どちらを読もうか、つねにその選択を迫られる。翻訳を読んでもできるだけ原文に近い楽しみを提供できるようにすることは、研究者の腕の見せどころでもあると言えよう。

⇒エミリー・ディキンソンを読む(Margaret Homans 註釈) - ワザリング・ハイツ ~本館~